国内MBA専門受験予備校:ウインドミルエデュケイションズ ロゴ 合格者の声−ウインドミルってど〜なの?

合格者による生の声

志望校別 直前小論文・英語 通信講座
戻る
入学説明会
パンフレット資料請求
受講に関するお問い合わせ
取材依頼執筆依頼講演依頼など
早稲田大学大学院商学研究科(全日制) 合格 匿名希望さん(2013年4月同校入学予定)

<MBAを目指した経緯>
 私がMBAを受験することに決めた理由は大きく2点あります。

1.『自分自身の悩み』

 日系メーカーで10年間、生産企画の仕事に従事してきましたが、いつも心の中で感じていたのは、『本当にこの仕事を通して、自分自身が世の中のためになっているのか?』・『自分が本当に心の底から求めるものを追求しているか?』・『自分の感性に従っているか?』という漠然とした悩みでした。

2.『世の中の変化に対する疑問』

 世の中がグローバル競争にさらされている状況で、就職してから10年たってもなんら変化の無い社内や日本企業の状態に、『本当にこのような硬直・閉塞した状態で、グローバル化の脅威に怯えているだけで、それに立ち向かって戦わなくても良いのか』という疑問でした。

 このような『悩み・疑問を何とか解決したい』・『新たな知識を学ぶことで自分自身をより成長させたい』という思いから、MBAを受験することを決心しました。

<ウインドミルを受講した理由>
 MBAの受験勉強対策について調べていたところ、ネットで検索したウインドミルのHPの内容をみて、以下の4点で受講することを決めました。

★『高い合格率』
★『実績データの透明性』(大手予備校のような不透明さが無い)
★『合格者の声』(受験者の生の声が載っている)
★『本気の受験生しか相手にしないという厳しい指導方針』

<ウインドミルの講義について>
 私はウインドミルの講義について、以下の3点が特に素晴らしいと感じました。

★『飯野さんのプロフェッショナルな指導理念』
★『独自テキストの最重要点まとまりの良さ』
★『個人の特性に合わせた指導方法』

 飯野さんは、『本気で受験生を合格させる』ことを考えています。それは、小論文の指導・研究計画書の指導などで絶対に妥協しないことです。特に研究計画書については指導の手間を惜しまず6回〜7回程度の添削を受けることもあります。それだけ、受験する側の真剣さも試されます。

<受験を終えて:ウインドミルの感想>
 私は、生来の怠け者で、しかも遠隔地からの通学であった為、正直何度か休んでしまおうかと考えたことがありました。しかし、飯野さんの指導に対する本気度、仕事に妥協しない姿勢を一度みてしまうと、正直休むことができなくなりました。また個人の学習環境や、性格などについてもしっかり把握されているため、小論文・研究計画書などでは的確なアドバイスを毎回頂くことが出来ました。大手の予備校ではこのような細かな対応は不可能と思われます。

 このような飯野さんの指導がなければ、確実に不合格となっていたことは言うまでもありません。

<これから受験される方へ>
 ウインドミルの受講スタイルは、無味乾燥とした大手予備校の受講スタイルとは全く異なります。それはMBA受験という目的だけでなく、その講義を受ける中で『自分自身が成長していく感覚』を感じることができるからです。MBA進学という目的だけでなく『何か自分自身を変えたい』・『MBA以上の何かを学びたい』と考えている方は、ウインドミルをお勧めします。


ページトップへページトップへ

(c)Copyright 2003 国内MBA大学院受験専門予備校ウインドミル・エデュケイションズ. All Rights Reserved