国内MBA専門受験予備校:ウインドミルエデュケイションズ ロゴ 合格者の声−ウインドミルってど〜なの?

合格者による生の声

志望校別 直前小論文・英語 通信講座
戻る
入学説明会
パンフレット資料請求
受講に関するお問い合わせ
取材依頼執筆依頼講演依頼など
慶應義塾大学大学院経営管理研究科 合格 (2014年4月同校入学予定) M.Nさん(男性)

1.MBA入学を選んだ理由
私がMBA入学を選んだ理由として3つあります。
1つ目は、グローバル市場で活躍するに当たって体系的に包括的にビジネスを知る必要があるからです。これは海外においてトップで活躍されているビジネスパーソンと対等に張り合うためには自分も同じ能力を身に付ける必要があるためです。
2つ目は、小売・飲食事業においてMBAを取得している人は稀有であるからです。これは自分の価値を業界内の人財と比べて差別化するためです。
3つ目は、現場での学びには限界を感じたからです。これは大学卒業以来、現場上がりの私は自分が経験してきた問題に対しては対応できますが、未経験の問題に対しては対応ができず有効な手段を打ち出せないためです。
よって、自分の殻を打破し、新たな価値を創造するためにMBA進学を決めました。

2.なぜWindmillなのか
私がWindmillを選んだ理由としては、友人が以前通学して大変よかったという話を聞いたからです。よって、他の予備校を比較することなく受講をしました。他の予備校は正直わかりませんが、私は実績のあるWindmillが、迷いなく勉強ができる場所であると思います。

3.授業内容について
何よりも授業内容で感銘を受けたのは2点あります。
1つ目は、ロジカルに整合性をもって考える力が身につくことです。週1.5回のペースで受講します。内容は毎週課題の資料を読み込み、それを基に小論文を書いていきます。飯野さんからの的確なフィードバックが自分の成長を促しているのを毎週感じることができます。
2つ目は、試験に出やすい問題の優先順位に基づいてビジネスフレームワークを学べることです。試験の対策を最短で準備することができ、且つ並行して今携わっている仕事に反映させ学ぶことができます。
結果として、数か月のカリキュラムではありますが、Off JT上で自分が最も成長したと感じることのできる期間でありました。

4.飯野さんについて
一言で言えば、普通じゃないです。普通ではないからこそ、物事を違ったアングルで見ることができ、真理を見抜けるのだと思います。


ページトップへページトップへ

(c)Copyright 2003 国内MBA大学院受験専門予備校ウインドミル・エデュケイションズ. All Rights Reserved